忍者ブログ
日常の出来事や興味がある物事を書いていこうと思います
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
香港のマンダリンオリエンタルホテルのお土産です。


缶に古い中国の建物が描いてあって、質感も独特で、古い壺のようです。
真ん中にリボンまで結んであり、開けずにそのまま飾っておきたくなります。


因みに、このデザインは、香港で有名なデザイナー、Alan Chan(アラン・チャン)さんのものでした。

私も、数年前に香港に行った時に、Alan Chanさんのショップで、傘とマグカップを買った事があります。これらのデザインも斬新で、昔の中国の雰囲気が残されているものでした。


Alan Chanさんのデザインを見ていると、また香港へ行きたくなってきます。


缶の中身は、美味しいアーモンドチョコレートでした・・・


金の鋏 鈴木真由美



拍手[3回]

PR
先日、主人の母の誕生日だったので、千葉そごうの地下にある、日比谷花壇というお花屋さんで、花束を作ってもらいました。


秋あじさいという、夏のあじさいより、淡く落ち着いた色味のお花があり、珍しかったので、それをメインにアレンジしてもらいました。


アイビーなどの自然の緑も使ってあって、小さな花束の中に物語があるような感じがしました。


作ってくれた花屋さんのセンスに感動しました。


金の鋏 鈴木 真由美



拍手[1回]

先週の水曜日、劇団☆新感線のお芝居、「髑髏城の七人」を観に行きました。


いのうえひでのりさんという方が演出していて、劇団☆新感線の「いのうえ歌舞伎」と呼ばれる演目シリーズのひとつです。


昨年、この「いのうえ歌舞伎」である、「薔薇とサムライ」を観てから、はまってしまいました。

この時は、古田新太さんと天海祐希さんが主演で、歌あり、踊りあり、笑いあり、ほろりとさせるところもあり、カーテンコールでは、お客さん総立ちでライブの時のような盛り上がりでした。


「髑髏城の七人」は、21年前から、7年ごとに再演されており、今回は大胆にリニューアルされるという事で、とても楽しみでした。


「薔薇とサムライ」の時よりも、歌と踊りが少なめで、少し残念でしたが、初舞台という仲里依紗さんがとても可愛らしく、他の役者さんもテレビで見る印象とは違っていて、とても新鮮でした。


舞台は、その人のテンションがそのまま出てしまい、何日間もそれを保たなければ、いけないので、演じている役者さん達は本当に凄いなと思います。


今回も、お客さん総立ちでカーテンコールを迎え、楽しい時間を過ごせました。


金の鋏 鈴木 真由美





拍手[2回]

今日、村上開新堂と言うお店のクッキーを頂きました。

こちらのお店は、明治7年からあるお店で、今は、フランス料理のレストランとしても有名だそうです。



淡いピンクの缶を開けてみると、何種類ものクッキーがぎっしりと詰まっていて、まるで宝箱のようです。


今も、美味しいクッキーは、沢山あるのですが、こちらのクッキーのように、素朴で優しい味の物も久しぶりに食べてみると、懐かしい気持ちになって、小さい頃を思い出します。



金の鋏 鈴木 真由美



拍手[1回]

今、ペーパードライバー講習に通っています。

久しぶりの教習所は、独特の緊張感があり、毎回、手に汗握りながら、講習を受けています。

かれこれ、7年も運転していなかったのですが、どうしても運転してみたい車に出会ってしまったのです。

それが、こちらのルノーのルーテシアです。


主人が乗っていた日産のクルーと言う車が古くなってしまい、大き過ぎて私も運転出来なかったので、松戸のフォルトゥーナと言う中古屋さんで、探して貰った車です。


正面から見ると、とぼけた顔をしていて、椅子もフカフカで、車の椅子というよりソファーみたいで座り心地がいいので、すぐに気に入ってしまいました。

ただ日本の車と違ってちゃんと」整備をしてあげなくてはいけないみたいですし運が悪いと突然止まっちゃうこともあるみたいですが。



この可愛いルーテシアに乗って、どこに行こうかと夢が膨らみます。



金の鋏 鈴木 真由美



拍手[2回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kinnohasami
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/01)
(05/02)
(05/05)
(05/13)
(05/17)
P R
忍者ブログ [PR]